人間社会の中の時計の楽しみ方や、日常生活の中での計画や反省などの時に使う時計の意味などを書いてみました。

興味尽きない時計にまつわるエピソード
興味尽きない時計にまつわるエピソード

社会の中の時計と計画

時計とエンタメの関係では、街の中の時計を思い出してしまいます。時計を観光の目玉にしている地方もあり、都会でも一定の時刻になると、音楽とともに人形などがまわりだして、近くの人達が歩く足を止め、人形たちの僅かな時間の劇をたのしむという場面も見ることがあります。観光名所として有名な時計もあり、時々社会的なブームになったりします。それだけ時計というものは人間社会にも切っても切り離せないもので、同時にロマンチックなものでもあるということではないかとも思います。時というのは自分の人生の尺度でもあり、時を刻むというように、自分の人生を確認したり、反省したり、将来の計画を練ったりするのにも欠かすことができないものだろうと思います。特に将来の計画では、時という概念がないと明確化されません。

あやふやなまま終わり、計画自体が意味を成さなくなります。5カ年計画や10カ年計画なども細かなスケジュールを組んでいくと、結局は今日一日何をするかになり、それは時計を見ながら進めることになりますので、最終的には、時計というところにたどり着きます。そこに遊び心も加われば、そのようなシビアな計画でも、楽しさが加わることになります。そのような意味でも時というものや時計というものは、とても重要な役割をしているアイテムであることが言えると思います。

オススメワード

Copyright (C)2017興味尽きない時計にまつわるエピソード.All rights reserved.