日常生活の中での時計のロマンチックな部分や、ファッションなどでの部分などの面から書いてみました。

興味尽きない時計にまつわるエピソード
興味尽きない時計にまつわるエピソード

生活と時計とファッション

住まいで必ずあるものといえば、時計もそのひとつで、時計を一度も見ずに、1日を過ごす人は、ほとんどいないのではないかと思います。時計がなかった時代もありますが、その時代は別な意味での時計の役割をしたものがありました。日本ではお寺の鐘の音などが、時を知らせていたようです。また太陽や月や星も時間の経過を知らせていたのでしょう。その頃の時の経過は、とてものんびりとしていたでしょうし、だいたいの時間がわかればいいということで過ぎていったのではないかともいます。そのような時代のことを想像しますとロマンチックな幻想の世界にひたることもできるのが時というもので、それでいて今も時が過ぎているというとても現実的なものでもあります。

時というものには、常に現実とロマンがあるように思います。最近はそれにファッションが加わり、時計という時を確認する大切なアイテムが、それだけにとどまらずに、時間をファッション化して、私達を楽しませてくれるという役割をしてくれています。時を判断して生活に活かしながらも、自分の好みにあった時計というファッションで、住まいのインテリアを楽しんだり、自分のファッションポイントにしたり、街の中を華やかにしたりしてくれています。生活の中での時計を見なおしてみるのも面白いと思います。

オススメワード

Copyright (C)2017興味尽きない時計にまつわるエピソード.All rights reserved.