日本での時計の歴史は意外と浅く、1500年代にヨーロッパから渡ってきました。そして日本に広く伝わった訳です。

興味尽きない時計にまつわるエピソード
興味尽きない時計にまつわるエピソード

1500年代頃にヨーロッパから日本に来た時計

日本という国に時計が導入されたのは、意外と最近だそうです。日本に対しては、西暦1,500年代などにそれが渡ってきたのだそうです。現在でも多く見られる機械式のタイプのウォッチなどは、ヨーロッパで開発されたものです。1,500年代頃に、ヨーロッパから日本に誰かがやって来ました。その時に、クロックが日本人に渡ったようです。それが日本に広く伝わって、だんだんと普及していくようになったのだそうです。逆にそれまでは、時計は日本にはなかったということの裏返しでもあるのですが。

その頃のウォッチやクロックは、どちらかというと高級なタイプが多かったそうです。いわゆる上流階級の方々が用いていることが多く、一般庶民の方々はそれらを利用することは無かったそうです。しかしある時から一般庶民の方々も利用することができるようになりました。ちなみに現在の日本には、世界的に有名なウォッチのメーカーなども存在するものですが。その存在感は世界レベルから見ても、非常に大きなものなのです。今でこそかなりウォッチやクロックが普及していますが、その歴史をさかのぼってみると起源は1,500年代だったわけです。案外と日本における時計の歴史は若いものと思います。

オススメワード

Copyright (C)2017興味尽きない時計にまつわるエピソード.All rights reserved.